必ず毎日継続することがポイント。自宅で出来る子どもの英語教育

埼玉の子ども英会話教室で、英会話講師として働いた経験があります。

教えた子どもは3歳から14歳まで。英会話教室は月謝がかさみますので、

教室に通わずに、自宅で出来る子どもに対する英語教育について

考えてみました。

個人差はありますが、3歳から5歳位の子どもに対する方法です。

幼い子どもならば、ディズニーのリトルマーメイド、クマのプーさんなどの

DVDを、毎日決まった時間に同じものを英語音声のみで見続けることを

お勧めします。

DVDを英語音声で毎日観るというのは、ありふれた新鮮味のない方法かも

しれませんが、毎日まった時間と言うがポイントです。また、毎日見るのは

必ず1回だけにします。聞こえなかった音を聞きなおすために巻き戻しはしません。

1日1回勝負です。

たとえば、お母さんが夕飯の支度をする間は、必ずクマのプーさんを見せる、というように

決めます。

毎日決まった時間に見ていると、必ず毎日英語に触れる習慣が出来ます。

この、必ず毎日続けることが大切です。

週末に出かけた場合も、車の中などで同じくらいの時間に見る習慣は続けます。

遅い人でも2週間続けると、子どもが聞こえた音を少しずつ真似てつぶやくように

なると思います。聞こえた音をひたすらまねること、これが英語を話せるように

なるためにはとても大切です。

聞こえた音をまねる能力を幼いころに身に着けておくと、例えば大学生になって

英語を上達させるときにはもちろん、英語以外の外国語を学ぶときにも大いに役立つと

考えます。